タマゴサミンとコンドロイチン!膝関節の保水性を高める!

タマゴサミンとコンドロイチン!膝関節の保水性を高める!

タマゴサミンとコンドロイチンの効果

タマゴサミンといえば、他のグルコサミンサプリメントと違う特徴的な成分としてiHAが含まれていますが、この他にも膝などの関節痛を緩和する成分としてコンドロイチンが含まれています。

 

 

 

コンドロイチンは、関節軟骨を構成しているプロテオグリカンと呼ばれる成分の8割を占める成分ですが、その主な役割としては、関節軟骨の保水性にあります。

 

 

 

関節軟骨に保水性があるおかげで、関節は滑らかに動くことができているわけですが、年齢とともにこの保水性もだんだんと減少していき、滑らかな動きができなくなってきてしまいます。

 

 

 

ある意味では仕方のないことですが、減少してきた分は作り出すか取り入れるか?のどちらかで補うしかないのことを考えれば、関節痛対策としてのサプリメントであるタマゴサミンにコンドロイチンが含まれているのは当然のことだといえますね。

 

 

因みに、ヒアルロン酸も関節を滑らかに動かすために必要な成分ですが、コンドロイチンもまた関節軟骨においては同じような働きがあると考えてもいいでしょうね。

 

 

 

また、タマゴサミンにヒアルロン酸が含まれていないと思って心配する人もいるかも知れないですが、iHAは体内でヒアルロン酸を作り出す機能を高めることと、他のグルコサミンなどはヒアルロン酸を作り出す原料ともなることを考えれば、ヒアルロン酸がないからといって、タマゴサミンは関節の動きを滑らかにする効果が低い、ということではないので心配しなくても大丈夫ですよ。

 


タマゴサミンに使われているのは濃縮コンドロイチン

タマゴサミンに含まれているコンドロイチンは3粒のなかに85mgです。

 

 

他の関節痛対策のサプリメントを^調べたことがある人からすれば、この配合量は少ないのでは?と思うかも知れないですが、その点は心配する必要がないんですよ。

 

 

というのも、タマゴサミンに使われているコンドロイチンは普通のものではなくて、成分が凝縮されている濃縮コンドロイチンと呼ばれるものだからです。

 

一般的な20%含有コンドロイチンの300mgに相当するもので、質が高いコンドロイチンが使われています。

 

 

一言でコンドロイチンといっても、その成分の質にも高いものと低いものがあるんですよ。

 

 

 


関連ページ

タマゴサミンは関節軟骨を修復させる事はできるサプリメントか?
タマゴサミンで関節軟骨を修復させることができるサプリメントなのか?
タマゴサミンとヒアルロン酸が関節痛に効果がある理由
タマゴサミンに含まれるiHAを摂取することによって、ヒアルロン酸の産生を促すことができます。これはどんな意味があるのでしょうか?
タマゴサミンにはN-アセチルグルコサミンが使われている
タマゴサミンには実はあの体内での利用効率が高いといわれているN-アセチルグルコサミンが使われているのを知っていますか?
タマゴサミンにはコラーゲンも成分として配合
タマゴサミンにはコラーゲンも配合されています。なぜなのか知っていますか?
タマゴサミンとiHAの軟骨細胞の増殖
タマゴサミンにiHAが含まれていることと、軟骨細胞が増殖することについて
タマゴサミンと軟骨細胞の増殖
タマゴサミンの最大の特徴はやっぱり軟骨細胞が増殖することですね。
ホーム RSS購読 サイトマップ