タマゴサミンにはN-アセチルグルコサミンが使われている

タマゴサミンにはN-アセチルグルコサミンが使われている

タマゴサミンにはN−アセチルグルコサミンが

タマゴサミンにはグルコサミンが配合されていることは知っていると思います。

 

関節軟骨を構成する成分を作り出すためのグルコサミンが。

 

しかし、よく見てみると、それがN-アセチルグルコサミンであることは意外と知られていないこともあるみたいですね。

 

ここでは、そのN-アセチルグルコサミンについて解説していきたいと思います。


タマゴサミンに配合されているN-アセチルグルコサミンは3倍

グルコサミンは関節軟骨を構成している成分を作り出すために有効とされている成分ですが、それを体内に取り入れたときに関節軟骨の成分として使用されているのはごくわずか、といわれることがあります。

 

ですが、タマゴサミンに配合されているグルコサミンはN-アセチルグルコサミンと呼ばれているもので、この利用効率の悪さを克服したグルコサミンとして、今では品質の高いグルコサミンサプリメントのみ使用されているものです。

 

一般的なグルコサミンに比較して、その体内での利用効率は3倍にもなるといわれています。

 

同じ、500mgをとったとしても、N-アセチルグルコサミンであればグルコサミンを1500mg摂取したと同じだけの効果が期待できるということなんですね。

 

もちろん、それだけ価格的には高くなってしまいますが、期待できる効果の大きさを考えれば費用対効果の良い成分ということができるでしょう。

 


関連ページ

タマゴサミンは関節軟骨を修復させる事はできるサプリメントか?
タマゴサミンで関節軟骨を修復させることができるサプリメントなのか?
タマゴサミンとヒアルロン酸が関節痛に効果がある理由
タマゴサミンに含まれるiHAを摂取することによって、ヒアルロン酸の産生を促すことができます。これはどんな意味があるのでしょうか?
タマゴサミンにはコラーゲンも成分として配合
タマゴサミンにはコラーゲンも配合されています。なぜなのか知っていますか?
タマゴサミンとコンドロイチン!膝関節の保水性を高める!
タマゴサミンにはコンドロイチンが配合されています。コンドロイチンは膝の関節軟骨の保水性を高めます。
タマゴサミンとiHAの軟骨細胞の増殖
タマゴサミンにiHAが含まれていることと、軟骨細胞が増殖することについて
タマゴサミンと軟骨細胞の増殖
タマゴサミンの最大の特徴はやっぱり軟骨細胞が増殖することですね。
ホーム RSS購読 サイトマップ