タマゴサミンとヒアルロン酸が関節痛に効果がある理由

タマゴサミンとヒアルロン酸が関節痛に効果がある理由

タマゴサミンでヒアルロン酸を増やす

タマゴサミンにiHAと呼ばれる成分が含まれていることはきっと知っていると思います。

 

このiHAを摂取することによって、ヒアルロン酸が摂取していないときよりも体内でより多く産生されることが証明されていますが、そもそも膝の痛みになぜヒアルロ酸が効果的と言われているかをあなたは知っていますか?

 

ここではそんなヒアルロ酸と関節痛について解説していきたいと思います。

タマゴサミンでヒアルロ酸が増えると関節は・・・

関節痛に悩んでいる人のほとんどは、関節のヒアルロ酸が不足しています。

 

このヒアルロ酸が不足してしまうと、関節のなかでは水分を維持する力が弱まってしまうことになりますが、これはスムーズな関節の動きを阻害してしまう原因の一つとして対処しなければいけない問題です。

 

関節軟骨水分とプロテオグリカン、それにコラーゲンでなどで構成されていますが、このうち最も大きな割合を占めるのは実は水分です。

 

関節軟骨の約80%を占める水分が不足してきてしまえば、関節軟骨はすり減りがどんどん進んでいってしまいます。

 

グルコサミンやコンドロイチン、それにプロテオグリカンを取り入れることも非常に重要です。

 

なぜなら、これらの成分は関節軟骨を構成する成分であり、体内に取り入れることによって、全てではありませんが、その成分として活用されるからです。

 

 

ただし、活用されたとしてもまだヒアルロン酸が不足してしまうことがよくあるんですね。

 

特に、高齢になればなるほど、作り出す能力そのものが衰えてきてしまっていますから。

 

 

その時に大事なことは追加でヒアルロン酸を取り入れることよりも、タマゴサミンに含まれるiHAを摂取してヒアルロン酸を作り出す能力を高めてあげる方が、効率的であると考えられるんです。

 

これは非常に重要なポイントです。

 

 

ヒアルロン酸が関節痛に一定の効果があることは確かですが、なかにはヒアルロン酸が配合されているサプリメントを飲んでいても効果が感じられない、というのはこの作り出す能力に問題があったからなんですね。

 

 

 

関連ページ

タマゴサミンは関節軟骨を修復させる事はできるサプリメントか?
タマゴサミンで関節軟骨を修復させることができるサプリメントなのか?
タマゴサミンにはN-アセチルグルコサミンが使われている
タマゴサミンには実はあの体内での利用効率が高いといわれているN-アセチルグルコサミンが使われているのを知っていますか?
タマゴサミンにはコラーゲンも成分として配合
タマゴサミンにはコラーゲンも配合されています。なぜなのか知っていますか?
タマゴサミンとコンドロイチン!膝関節の保水性を高める!
タマゴサミンにはコンドロイチンが配合されています。コンドロイチンは膝の関節軟骨の保水性を高めます。
タマゴサミンとiHAの軟骨細胞の増殖
タマゴサミンにiHAが含まれていることと、軟骨細胞が増殖することについて
タマゴサミンと軟骨細胞の増殖
タマゴサミンの最大の特徴はやっぱり軟骨細胞が増殖することですね。
ホーム RSS購読 サイトマップ